2019年2月15日金曜日

My Standard




Land Rover Discovery2 2004y

昨年の11月までは同じくLand Roverの3rdレンジローバー(2003y)を乗っていたが、顧客さんに譲った為、次の相棒も同じくLand Rover社のこいつを。

7人乗れて構造もレンジよりは簡略化され、高級感は余り無いがガシガシ使い倒せる気軽さがしっくり来てます。
もちろん、冬道なんて何のその。

2台続けてLand Roverの車を乗ってますが、燃費は悪い、維持費はかかる、そして壊れるという最高のジャジャ馬っぷりを発揮してますが、優雅なフィーリングは流石の一言。
前のレンジは内装も最高で音響はハーマンとロイヤルワラントに相応しい高級感だったなぁ。

よく壊れませんか?と聞かれますが壊れます。笑
当たり前ですが、壊れる前に予兆があるのでそれをしっかり見てあげれば大事にはならないです。

バックモニターもナビも、CDプレイヤーもついて無いし気難しい所がある車だけど、それを持ってしてでも有り余るほどの豊かな所有感、操縦性、優雅さがあるところが気に入ってます。

車談義も好きです。笑

2019年2月14日木曜日

今日は

今日は休みます。

明日から3日間週末は営業しております。

まだBlogでは紹介していないヴィンテージもありますので是非お越しください。

早く春にならないかなぁ。

2019年2月10日日曜日

明日は休みます

3連休ですが明日は休みます。

家族サービスしよ。

2019年2月5日火曜日

Carl Zeissの調光レンズ

ここ最近はオールシーズン、オールタイム使いやすいレンズとして調光レンズが脚光を浴びてますが、そーいえばうちにもカールツァイスの調光レンズがあったと思い、寒い中、実験を。

なんせ、調光レンズを入れておくプロダクトがカッコいい。
極論、ZEISSという文字がカッコいい。






中を開けるとこんな感じ。
下段の真ん中はレンズが入っていません。
気持ち色が載っている様に見えますが、ブルー以外は実際ほとんどクリアに近いです。





今日の札幌、氷点下3℃。
もう冬ヤメてくれ。





2月5日15時30分晴れとまでいかない微妙な天気で外に置くと・・・・






30秒経過。着色早いです。



更に30秒(外に出して1分)




晴天というコンディションではない状況での着色はかなり早いと思います。

退色は室内に入ると5〜10分でクリアに戻ります。
(天候や外気温の状況にもよります)


メカニズムとか難しいことはZEISS社のHPにて確認をして下さいませ。





調光レンズで5色あるっていうのは選択肢が多くて良いですね。
ただ、レンズはドイツ研磨になる為、少し納期が掛かります。

レンズ袋にGERMANYと入るので、それだけでもぐっと来てしまう人もいるのではないでしょうか(笑)

2019年2月4日月曜日

今週は

今週は札幌は雪祭りですね。

さて、今週は金曜日はお休みします。
木曜日は12:00〜13:30、15:00〜17:30とお店におりますが、他は出ております。

それ以外の曜日は大体いる予定です。

2019年2月3日日曜日

My Standard


Guidi&Rosellini 2015y

買って履いて、しばらく履かないで最近また履いてます。
ここ最近はまた価格が上がってきているので、もう買うことはないかな。
勿論、メンテナンスはしていない。


オールデンも高いし作りも大したものではないのでもう買わないな。
何がコードバンだよ。全く。
カーフで7万、コードバンで9万くらいが適正じゃないかなと思う。

今年はまたJMウェストン履くかな〜




2019年2月2日土曜日

当店のCarl Zeiss

よく、Carl Zeissのレンズって他と何が違うんですか?と聞かれますが、レンズの設計思想自体が他社メーカーよりもとてもシビアで、様々な介入する問題点を解決しようとするデバイスやテクノロジーがある安心感たるや。

https://www.zeiss.co.jp/vision-care/ja_jp/eye-care-professionals/products-and-services/zeiss-precision-lenses/zeiss-single-vision-lenses/zeiss-single-vision-individual---superb.html

当店ではSuperbがメインですが、今後は最高ランクのindividualも取り扱いが出来る環境を進めています。

Superbのラインでもかなり見え方が他のレンズと違いますが、individualは眼鏡レンズの最高ランクの設計がフルオーダーメイドで製作が可能になります。


フレームももちろん最高のヴィンテージと高い鯖江の職人技とフレンチヴィンテージの再現性が光るgue'pardを揃えてますが、年齢のこともあるせいか、やはり快適に物が見えないと辛い。



良いレンズとは何かを突き詰めていくと必然的にCarl Zeissになったという単純な理由ですが、最初は正直、半信半疑。
価格も高いし、光学性能の良さは頭では理解出来るけれど、実感としてどの様なものかという疑問も。
けれど、普段使っていて他のレンズメーカーのレンズが入った家用のメガネなんかに掛け替えると他のレンズってこんなに歪むんだなと良くわかります。


勿論、調光レンズや偏光レンズといった特殊レンズもあります。
(調光レンズもヤバいです)

あと、ガラスレンズ。

最高です。







2019年2月1日金曜日

40'S Frame France


これも良いシェイプのフレーム。

サイズ、クォリティ共に良い探すと中々出てこないフレームだと思います。

週末、寒いですが是非ご来店ください。